高齢者に最適なガスコンロ選び

古いガスコンロもリサイクルを希望することでエコロジーに貢献することができ、各メーカーでもリサイクル運動に邁進しています。満足感など、調理する方の評価の目も厳しくなり、クオリティを求めたグレードの高いガスコンロが人気を高めています。高齢者やお手伝いする子供も安全に使える仕様であることはもちろん、操作パネルでの操作性能や、ツヤのあるコーティングなどのデザインにもこだわった製品は増えています。お手入れを楽にしたい場合には、ハイパーガラスコート採用のコンロが最適で、表面がガラス質である分、汚れも落ちやすく、衝撃にも強いため、長く使用できます。また、高齢者の方にも使用できるよう、立った姿勢や椅子に腰掛けた状態でも見やすく傾けられる操作パネルを採用している点や、特にオレンジ色のLED表示コンロは文字情報が見やすく、使用状況の確認が行いやすい魅力があり、高齢者に対し、導入する際のポイントとなります。

見えない部分にもこだわるガスコンロ

ガスコンロでの調理では、通常、コンロ機能が頻繁に使われており、ガスの魅力は火力が一番に挙げられています。数段階の温度機能を搭載している製品を選ぶことにより、火加減が難しい焼き物や揚げ物もラクラク調理できる利点を挙げることができ、調理温度も細かく10度刻みなど段階的に設定できる製品選びがポイントです。また、見えない部分にもこだわりがある製品を選択することもポイントの1つで、例えば、台との隙間を少なくする全周ロングスカート構造に仕上げられているだけで、野菜クズなどが隙間に侵入することが減らせ、ガスコンロ奥の汚れを防ぐためのスペーサーを購入する必要性を無くしています。さらに本体サイドに取手が付いているだけで持ち上げやすくなり、掃除のしやすさも挙げることができます。またゴトクも、角を丸くしている製品であれば洗いやすく、鍋底の安定感を得るには3点止めのゴトクを選ぶことがポイントとなり、見えない部分まで視野に入れると、使い勝手にも配慮できます。

ガスコンロ周りの便利アイテム

コンロ製品には利用することでお手入れや使い勝手を向上できるなど、ガスコンロとセットで使いたいアイテムも数多く展開されています。例えば、コンロガードは、油ハネなど、壁に付着しやすい汚れをシャットアウトできる立て掛け式のアイテムで、食品を取り扱うために洗剤を使わず、水拭きのみでベトつきやすい油汚れも簡単に落とすことが可能です。表面に親水性セラミック塗装が施されていることにより、水が表面と汚れの隙間に入り、浮かせて落とすことができます。さらに大バーナーの火加減によって壁の焦げ付きがネックとなるものの、防止できるのも魅力です。その他、ガスコンロ奥の隙間が気になる際に便利なのがスペーサーで、料理カスが奥に溜まりやすい難点を解消することができます。はね上げ式であればガスの元栓の開閉もスムーズですし、ホース穴が設けられていることでホースのまとめ固定が手軽に行えます。さらに、ガスコンロにはグリル調理の幅を広げることができ、手入れの難しさのある焼き網代わりのプレートも提案されています。